脱毛とニキビの関係とは

脱毛とニキビには深い関わりがあります。
ニキビは皮脂が溜まったまま排出されなかったり、雑菌やアクネ菌が繁殖したりするとできます。

この雑菌がどこに繁殖するのかというと、ムダ毛の根元、つまり毛根部分です。



ムダ毛は元々顔の汗を吸収したり蒸発させたりする役目を担っていますが、毛根部分には汚れや皮脂が付着しやすく、雑菌の温床になっています。

そのため、ムダ毛がない方が衛生面は保ちやすいといえます。

ニキビ対策として、脱毛をすることが有効です。



除毛では根元部分にムダ毛が残ってしまい、毛穴を綺麗に保つことはできません。

脱毛をして毛穴に何もない状態にすることで、汚れや皮脂が溜まるのを防ぐことができます。



ただし、注意しなければならないのが、処理直後の毛穴がぽっかりと空いた状態の時です。

毛穴が閉じきっていない間は通常よりも汚れが付着しやすく、皮脂分泌も盛んになります。


閉じてくるまではリスクが大きいので、なるべく早く閉じるように収れん化粧水等で毛穴を引き締める必要があります。



普通は、毛根が活動を停止して役目を終えた毛穴は少しずつ閉じていきます。

ですから、何もしなくても時間をかければ閉じます。



ただし、顔のようにメイクをしたりする場所では自然に閉じるのを待っていることができません。

その間にメイクの油が入り込んだり、洗顔で取り除きにくくなるからです。

その場合は、強制的に毛穴を閉じるためのケアをしなければなりません。